RSS | ATOM | SEARCH
アルファ147・GTA(アルファレッド) 出張施工
昨日・本日の2日間で出張施工してきました。

取引先のアルファロメオのディーラーの店長様のお車をコーティング施工です。
コーティングの液剤はディーラーの液剤です。

新車時を含め車検のサイクルで施工しております。

新車時、3年目、5年目、7年目、9年目ということで5回目の施工です。

新車時にも結構磨きこんだ記憶があります。
一昔前のアルファは新車でも新車の状態ではなかったので結構磨かないと新車に見えないのです。

アルファレッドの塗装は弱くてすぐ陥没のシミができ洗車キズも簡単につきます。

その陥没痕のシミや洗車傷を目立たなくする磨きをします。

するとさすがにそのような磨きをしているとルーフの塗装が薄くなってきていました。
※薄くなってきてははいますが下地がでているわけではないです。
※持ち主の店長が陥没痕を目立たなくするようなハードな磨きを希望しているのでやっています。

今回はルペス21で磨いているのでそれほど削らずに傷を除去しています。

しかし前回まではシングルポリッシャーを使用して傷取りをしていました。

何がいいたいかというとシングルポリッシャーの使用は本当によくないと感じたということです。
やはり削りすぎています。

147のアルファレッドの塗装は本当に品質が悪くて施工者を悩ませます。
どのくらい悩んだかというと私自身が中古の安いアルファ147を購入して磨きとコーティングのテストをするぐらい悩ませる塗装です。※147は代車・ムーヴを購入するので店舗オープン後に手放しました。147は塗装の品質は良くないですが運転がすごく楽しめる車でした。

当店は現在はルペス(ダブルアクションポリッシャー)で磨いていてシングルポリッシャーは使用していません。
ルペスで十分綺麗に磨けるからです。
シングルポリッシャーで磨いている店がダメとはいいません。
技術を追求してシングルポリッシャーでも問題がない磨きをしている方もいると思います。
当店から距離があって当店に依頼できない方にどのような店がいいでか?と仮に聞かれることがあればやはりRUPRSを使用して磨いているお店がいいと答えます。

磨きの施工を考えている方に参考にしていただけたらと思います。
author:arai1997, category:施工車両, 18:54
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://arcadiapolish.jugem.jp/trackback/181